ロボアドバイザー

FOLIO ROBO PROとウェルスナビを比較!稼げるロボアドはどっち?

FOLIO ROBO PROとウェルスナビの違いは?どちらが稼げる?
悩める人
悩める人
FOLIO ROBO PROとウェルスナビってどう違うの?
結局ウェルスナビの方が優秀なんでしょ!?

 

IG
IG
多分みんなウェルスナビの方が優秀だと思ってるよね

 

ウェルスナビは口座数、預かり資産共にNO,1。

誰しもがウェルスナビが優秀と思ってると思いますが実は違うんです。

 

IG
IG
FOLIO ROBO PROの方が優秀なんです!!

 

悩める人
悩める人
え?そうなの!?
悩める人
悩める人
本当に!?

 

信じ難いかもしれませんが僕はそう確信しています。

 

この記事ではFOLIO ROBO PROとウェルスナビの違いとなぜFOLIO ROBO PROの方が優秀で稼げるのかを深堀りしていきます。

 

この記事を読んでほしい人
・ロボアドに興味がある人
・ウェルスナビでロボアドを検討している人

 

自画像イラストこの記事を書いている人 ▶︎ IG

 

  • 運用資金:800万円
  • 投資歴:15年
  • 運用先:FX自動売買、S&P500、ロボアドバイザー、つみたてNISA、iDeCo、ポイント投資、仮想通貨、国内外株式など

 

FOLIO ROBO PRO

FOLIO ROBO PROとウェルスナビ比較①リバランス

まずはFOLIO ROBO PROとウェルスナビのリバランスの違いを見ていきます。

 

リバランスとは

ポートフォリオ(投資配分)を組み替えることです。

 

 

えば

100万円の分散投資で4つの金融商品にバランス良く投資してたのを株式への投資比率を多くするなどして配分組み替えたりします。

 

 

金融商品 リバランス前 リバランス後
株式 25% 40%
債券 25% 30%
25% 20%
不動産 25% 10%
ロボアド リバランス グラフ 例え

これをリバランスと言います。

 

このリバランスをウェルスナビは6ヶ月に1回行います。

 

6ヶ月に1回リバランスを行うと言うことは言い換えると半年は同じポートフォリオで運用するってことです。

 

5%以上乖離している場合は前倒しでリバランスすることもありますが、資産が50万円未満の場合は前倒しでのリバランスは行っていない、とのこと。(参照:ウェルスナビ リバランスはどのタイミングで行われますか?)

 

ということは下記のような暴落相場であっても預かり資産が少ない人はリバランスが行われないということです。

 

こんな暴落の場面でも資産配分を変えないってことです。

NYダウチャート 2020年コロナ時

 

対してFOLIO ROBO PROは1ヶ月に1回リバランスを行います。

最新のAIで将来を予測し、相場に適したポートフォリオに組み替えていきます。

 

例えば2020年3月の暴落時で言うと1ヶ月ごとにリバランスを行い資産比率を組み替えることで暴落ショックのダメージを軽減しています。

 

FOLIO ROBO PROのリバランスの様子

FOLIO ROBO PRO 2020年実績チャート

※参照:FOLIO ROBO PRO公式サイト

 

 

下の表は暴落時の下落比率の比較です。

指標 下落率
NYダウ -31%強
日経平均 -30.6%
僕が運用していたウェルスナビ -34.85%
FOLIO ROBO PRO およそ-19% (目算)

 

FOLIO ROBO PROの下落率が低いことが分かります。

 

ウェルスナビ 実績 2020年※実際に運用していたウェルスナビの実績(リスク許容度5)

 

毎月リバランスを行うことでその時最善のポートフォリオを組み、リターンを最大化させていけるところがFOLIO ROBO PROとウェルスナビの違いでありFOLIO ROBO PROの強みでもあります。

 

 

臨時リバランス追加

毎月のリバランスに加えて2020年11月より臨時リバランス機能も実装しています。

これにより急激な市場の変動をキャッチした時には臨時でリバランスを行い相場を追従できるようになりました。

 

 

ウェルスナビが有利なことも

先ほどお伝えした通りウェルスナビは一度ポートフォリオを組むとあまりリバランスを行いません。

これは下落相場では株価下落の影響をモロに受けますが、上昇相場では功を奏することもあります。

 

例えば株式比率高めのポートフォリオの場合、

この時に世界的なgoodニュースが出て突発的に株価が上がったり、もしくは景気がイケイケドンドンな状態で右肩上がりに株価が上がっていくような相場だとリバランスを行わない方がパフォーマンスが良い結果となることもあります。

 

なので一概にリバランスの回数で優劣をつけることはできませんが、これがFOLIO ROBO PROとウェルスナビの違いの1つです。

IG
IG
イケイケドンドンの相場はいつまで続かないんだけどね

 

 

FOLIO ROBO PRO

FOLIO ROBO PROとウェルスナビ比較②ポートフォリオ

 

FOLIO ROBO PROとウェルスナビではそもそもポートフォリオの組み方が違います。

 

ウェルスナビのポートフォリオ

ウェルスナビは金融アルゴリズムとリスク許容度を元にポートフォリオを組んでいます。

なのでポートフォリオの組み方にはユーザーの運用方針、リスクをどれくらいとるかが大きく関わってきます。

 

下図はリスク許容度5のポートフォリオですが株式比率がかなり高いです。

ウェルスナビ ポートフォリオ リスク許容度5

これだけ株価比率が高いと良くも悪くも株価の影響をモロに受けることが分かると思います。

 

逆にリスク許容度1の場合は株式比率はかなり低く債券や金の比率が高いです。

 

つまりウェルスナビのポートフォリオの組み方の根底にはユーザーのリスク許容度があり、それに沿って運用するためリバランスの頻度が少なく、リバランスの際も大きな資産配分比率の変更がないことになります。

 

IG
IG
景気が良さそうな雰囲気だからといってリスク許容度1の人に株式ばかり持たせるのはリスクが高いからね

 

 

FOLIO ROBO PROのポートフォリオ
FOLIO ROBO PROはS&Pや金、原油価格など40種類以上の先行指標、2,000種類以上の特徴を計算。

AIを使って膨大なデータを効率的&正確に分析した上で将来を予測し、

パフォーマンスが最大化となるポートフォリオを組んでいます。

 

 

なのでFOLIO ROBO PROにはリスク許容度も運用プランの診断もありません。

 

いつ、誰が、いくらで運用を始めたとしても同じポートフォリオになります。

それがその時FOLIO ROBO PROによって組まれたパフォーマンスを最大化するためのベストポートフォリオだからです。

 

 

FOLIO ROBO PROとウェルスナビの運用

 

ウェルスナビはリスク許容度で決めた運用方針を貫きます。

リスク許容度5なら攻めの運用

リスク許容度3ならバランスの運用

リスク許容度1なら守りの運用

といった具合で景気に関わらず同じスタイルで運用をします。

ユーザーのリスク許容度(運用スタイル)を大切にするため、リスク許容度を無視するようなリバランスはできません。

 

対して攻める時は攻めるし守る時は守るのがFOLIO ROBO PROの運用方針。

ダイナミックなリバランスにより攻守交代が早く、そして攻める時も守る時も全力で行うスタイルです。

 

だから山あり谷ありの相場であってもFOLIO ROBO PROは強さを発揮します。

 

FOLIO ROBO PROとウェルスナビ実績比較

 

運用期間が違うのと運用の条件も違うので一概には比較できませんがバックテストの結果も
2020年の実績でもFOLIO ROBO PROが上回っています。

 

 バックテスト 運用期間 年数 利率
ウェルスナビ 1992年1月〜
2017年1月
25年 5.9%
FOLIO ROBO PRO 2015年1月1日〜2019年12月31日 5年 8.5%

 

2020年の実績 利率
ウェルスナビ 7%
FOLIO ROBO PRO 10.35%

 

正確にいうとFOLIO ROBO PROは2020年1月15日から開始のサービスのため上記は11ヶ月半の運用による実績です。

2020年1月15日〜2021年1月14日までの実績は13.99%と他を圧倒するパフォーマンスを叩き出しています。

 

悩める人
悩める人
暴落もあったこの1年で10%超えなんてすごいね

 

ウェルスナビの優れている点

 

ここまでFOLIO ROBO PROの優秀さを一方的にお伝えしてきましたがウェルスナビが優っている点ももちろんあります。

 

ウェルスナビのメリット
  • DeTax
  • NISA対応予定
  • 長期運用による手数料の割引
  • 上場企業というブランド
  • 預かり資産、口座数No.1という安心感

 

などです。

さらにウェルスナビはテレビCMも行っており知名度は抜群。

昨年末の上場以降、株価も順調に上昇しており、多くの人に選ばれています。

 

実績で選ぶならFOLIO ROBO PRO

 

あとはあなたがロボアドをなにで選ぶのか、です。

 

僕はロボアドをはじめとする資産運用は結果が全て、パフォーマンスが全てと思っています。

 

投資の種類によっては手間暇を考慮する場合もありますが、

投資一任型サービスであるロボアドは完全にパフォーマンス重視であるべきと考えています。

 

仮に米国株がずっと右肩上がりに上昇していくならウェルスナビの方が良い結果となるかもしれません。

ただしずっと右肩上がりに上昇していく相場なんてありえません。

 

過去のデータを見れば分かるように株価は調整、時には暴落を挟みながら上昇しています。

運用期間が長期になればなるほど暴落をくらう可能性が高まります。

 

つまり長期間の運用ではずっと同じポートフォリオでいるよりも株式比率を大幅にリバランスできる方が圧倒的に資金効率が良く、結果稼げます。

 

つまりパフォーマンスで選ぶならFOLIO ROBO PRO

僕はそう確信しています。

 

 

\口座開設無料/

 

FOLIO ROBO PRO特徴まとめ

 

まとめ

☑︎最新のAIにより将来を予測してその時ベストなポートフォリオを組む

☑︎ダイナミックなリバランスにより暴落相場や山あり谷ありの上下変動が激しい相場に強い

☑︎過去シュミレーションや2020年の実績を比較すると他ロボアドよりパフォーマンスが良い

☑︎自動積立や手数料の割引がなくパフォーマンス以外の部分で改善ポイントがある

 

\口座開設無料/

 

 

 

FOLIO ROBO PROの口コミ・評価はこちら

FOLIO ROBO PROの口コミ・評判は?
FOLIO ROBO PROの評判・口コミは?低評価の実態を検証この記事では実際にFOLIO ROBO PROを運用している人の口コミや評判、リアルな運用実績をまとめていますので運用者がどれくらいの期間でどれくらい稼げているかが丸わかりです。...

 

え!?まだ資産運用やってないの??

資産運用と聞くと損する・リスクが高いと言うイメージをお持ちの人も多いかと思います。

確かに資産運用・投資にリスクは付き物ですが物価が上昇しているにも関わらず賃金が上がらないような現代においてはリスクを取らないことがリスクです。

もちろん初心者が闇雲に手を出せば痛い目に遭う可能性が高いですが、リスクを抑えた運用をすれば初心者でも資産を増やすことができます。

 

こちらの記事では

🔰初心者でもできるほったらかしでOKのおまかせ資産運用を紹介しています↓↓

おすすめのほったらかし資産運用ポップアップ
初心者向けの資産運用6選|おすすめのほったらかし資産運用資産運用に興味があるけど何から始めていいか分からない、けど投資の勉強するのとかめんどくさい。日経新聞とか読めない、けどお金増やしたい。そんな人におすすめなほったらかし資産運用をご紹介します。...

 

アインシュタインが『人類最大の発明』と称したあの運用法を実践すれば雪だるま式に資産が増えていきます!これを使わないなんてもったいない!

アインシュタイン  人類最大の発明