"/>

離島での稼ぎ方と節約術とノマドっぽい暮らし

八丈島に移住した僕の仕事とお金の話

フォロー

八丈暮らし

八丈島ノマドのススメと孫正義

更新日:

こんにちは、IGです。

前回八丈島でやりたいことと言う記事を書きましたが1つ書きそびれてました。

それは「八丈島でノマド」です。

ノマドと言う言葉は数年前からよく耳にするようになりましたがどんな意味か

わかりますか?

僕はなんとなくこんな感じというイメージはあるんですが正確にはよくわからないんですけど、

まずノマドっていうのは遊牧民っていう意味らしくて遊牧民っていうのは特定の場所に住み続けず、家畜の餌となる牧草を求めて移動を続ける民族みたいな感じなので

要はITを駆使して会社オフィスにとらわれず自由な働き方をする人、もしくはスタイル。みたいな感じだと思います。

僕はこれに前回書いたスローライフっていうのを掛け合わせていきたい。

つまり時間や仕事に追われず、起きたい時に起き、働きたい時に働く。

お腹が空いたらご飯を食べて笑いたい時に笑う。

みたいな自分の欲求に素直で自由な感じの生き方に痛烈に憧れるし(ノマドはそんなに甘くねーよとお叱りを全国のノマドワーカーの方から頂きそうですが)

そんなライフスタイルに変えていきたい。

 

僕の知り合いに東京の外資系企業に勤めていたけれど、八丈島に移住してきて在宅勤務をしていた人がいるけど、それもノマドワーカーと呼べるかもしれない。

八丈島にいながら東京の仕事をしているんだからすごいとしか言いようがない。

ただその人の場合はエリート過ぎて参考にはならない。

高卒の僕が今から外資系企業に勤めて、結果を出し、

八丈島での在宅勤務を認められる可能性は限りなく0に近いだろう。

では何をやるのか?

僕はネットビジネスしかないと思う。

僕は旅をしていた時からパソコンとネット環境さえあったら収入が得れるスキルがあったらどんなにいいだろうと思っていた。

そのスキルがあればずーっと海外旅しながら働けるのに、って。

帰国して定職に就いた今でもそのスキルに憧れてる。

八丈島に来る前大きな疑問があった。

八丈島ってネット来てんの?

東京から300キロも離れた島に光弾けなくね!?

結論から言うと八丈島に光は来てる。

しかし八丈島ではと言うか離島ではインフラ整備が非常に遅かった。

ダイヤルアップやISDNを使って接続するしかなくて接続には時間もお金も莫大にかかりユーザーからは高速インターネット回線を求める声が強かった。島民らは高速インターネットの要望を出したがNTT東日本からはいい返事がなかった。そこで八丈島の若者がソフトバンクの孫社長に電子メールで直訴。何度もお願いのメールを送った結果孫社長は八丈島に来島し、島民代表約40人が出席した会合で「八丈島は熱いか!?NTTが事業化しないなら私がやりましょう」と述べ、全国の離島で初めてyahoo!BBが整備された。

それから15年も経った今では当然のように光が引かれているが、八丈島のインフラが整うまでにはそういった背景があった。

現在では至る所にfree wifiのスポットがあるほどで本当にどこでもできる。

離島なので不便さはどうしてもあるが、家賃は驚くほど安い(もちろんピンキリだけど町営住宅なんかはかなり安い)し、野菜も採れるし、魚も獲れるので半自給自足の暮らしが出来、固定費はかなり安く済ませられる。

ネット環境は先述した通りバッチリなのでパソコン1台とネットビジネスのスキルがあれば八丈島でのスローライフとノマドライフの融合が実現できる。

ネットビジネスなんてこれから覚えればいいと思う。

世の中にはネットビジネスの教えは溢れるほどあるんだから。

そしたらもうパソコンさえあれば誰でもいけるんじゃね!?

八丈島×ノマド×スローライフなんていかがですか?

僕は八丈島でノマドをおすすめします!(無理矢理。苦笑)

 

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村


伊豆諸島ランキング

スポンサーサイト



-八丈暮らし

Copyright© 八丈島に移住した僕の仕事とお金の話 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.